タイヤ情報。タイヤに関する最新情報等、独自の観点からお伝えします。     お気に入りに登録
160111.jpg 新たな構築を果たし引っ越しました。NEW「タイヤ情報」は2016年1月10日より http://www.clg-sv.com/blog/ で展開を開始しています。

「ATR SPORT2」へ実感がこもる

 「ATR SPORT2」の再装着により珍しく長距離走行を実施、その結果厳しい点を重ねることとなりました。また直進性への違和感は一転して解消です。確認しておきましょう。

 まずは厳しい点から。今回500kmを走行し、そのうち約85%が高速走行となりました。ここで大きく感じたことはノイズの激しさでしょう。うるさい、と表現すべきかと。

15040504.jpg
高速の快適性厳しい

 音楽を聴くのに、一般道で最適なボリューム2では全く聴き取れません。3に上げてようやく判別できる程度。よぉく聴きたいなら4ですね。逆に4は一般道ならうるさいになります。

 路面に左右させるケースもあり、新しい舗装路なら低音のこもる様な「グォー」音が、標準路面では「ザァー」とうるさく感じる高音に変わります。更に更に古い路面では「ガァー」音と最上級のうるささに激変します。高速では多くがこの「ガァー」音の連続でした。スピード域の高まりは路面環境を越えてノイズの大きさを誘発するようです。ロードノイズ、パターンノイズ双方でその変化が感じられます。

 対して、直進性への違和感を伝えたことに関しては、走行を重ねるうちに解消されています。ステアリングの微妙な取られ方は皆無であり、スムーズな操作が実行出来ています。高速でも一般道でもその状況に変わりなく、走ることで馴染んだのが理由となるのでは。

 ということで、まぁ少なくはない距離を走行した今回、これまでよりも実感こもる印象が得られました。但し、スポーツタイヤであることを前提にすると、厳しいノイズもある程度は受け入れられそうです。コンフォート並みの性能を期待したり、それとの比較では難しいでしょうが。

15040505.jpg
桜の満開は何よりの収穫

 アジアンタイヤ リアルレポート-「ATR SPORT2」

  
2015年4月 5日