タイヤ情報。タイヤに関する最新情報等、独自の観点からお伝えします。     お気に入りに登録
160111.jpg 新たな構築を果たし引っ越しました。NEW「タイヤ情報」は2016年1月10日より http://www.clg-sv.com/blog/ で展開を開始しています。

寒暖差激しい中で感じること

 「ATR SPORT2」はもう直交換です。残すところ1ヶ月を切っています。2シーズン経過した事になり、あっという間でした。時の経過の早さには驚くばかりです。歳を取ったせい? 充実している毎日だから?

 インプレッションは随分伝えています。的を射る内容だったかは自信ありません。それでもいくつかは参考になる事もあったのでは。何だか終了を伝えるようですが、来シーズンどうするか最終的には決めていません。

141025.jpg
サイドのヒレは残している。

 新たなタイヤを装着する事は楽しい。しかし、残されている課題も見えています。そう耐久性です。走行過多による磨耗度合いは期間による縛りがありません。しかしながら、経年劣化等はある程度の期間を要します。この点で複数年装着が望まれるのです。

 前回のNEXEN「N6000」は4シーズン装着しました。随分長かったとその時は感じたものの、今となればこれかなりいい情報では。この期間に耐えてレポートする事などほとんどありませんから有意義です。で「ATR SPORT2」もここまで引っ張るのが必要かどうか。

 以前はNANKANG「NS-20」などの希望も発しました。今回リセットしてギリギリ春先まで引っ張り結論出しましょう。そうそう最近の感触を少し伝えておきます。

 現在我が町の最低気温は一桁になります。日中はまだ20度近い日も多く、一日の寒暖差は激しい。この状況下で特に朝夜は乗り心地への変化を感じています。不快とは言いませんが、固さから来る鈍さが感じられます。要はゴツゴツ感が顕著になったかと。空気圧過多による体感とは明らかに異なります。気温への反応は大きいようですね。

 今シーズンのレポートは追記レベルのはずでした。ところが気付けば初年度同様の回数まで来ています。これでは追記レベルを超えた通常レポートですね。えへへ・・

 「ATR SPORT2」詳細

  
2014年10月25日