タイヤ情報。タイヤに関する最新情報等、独自の観点からお伝えします。     お気に入りに登録
160111.jpg 新たな構築を果たし引っ越しました。NEW「タイヤ情報」は2016年1月10日より http://www.clg-sv.com/blog/ で展開を開始しています。

空気圧を更に上げる

 「ATR SPORT2」の空気圧を規定の(前)250kPa、(後)240kPaから、現在は(前)270kPa、(後)260kPaにしています。これが調子いい。シックリ来ています。硬さは少し感じます。ゴツゴツした微妙な感触は高まっています。それ以上に得るものが大きい。

 まずは直進性の高まりです。ステアリングのブレが最小化し、運転が楽になったような感触を得ています。(少し大げさ) 転がりもスムーズです。当然抵抗は低減しましたので、その効果を実感出来ます。静粛性も明らかに異なります。ザァーという鈍いノイズから、サァー音への変化は快適さを沸き立たせます。

 但し、残念ながらグリップ性能はまだ試せていません。高いスピード域からフルブレーキングを試したい。スパッとステアリングを切る、その時の挙動は興味有ります。でもこれは良しとしましょう。そこそこ高いドライグリップを持っていることは以前確認済みですから。

 それよりも街中での快適な印象を得られた事は収穫ありです。それこそ規定値にばかり捉われていましたが、変化を感じてみるのも必要です。これに調子付き更に上げてみます。ん・・ そうですね、(前)290kPaにしましょう。なら(後)は割合からすると280kPaというところでしょうか。試してみます。ワクワク!

14091301.jpg
(前)290kPa・・にやや足りない?

14091302.jpg
(後)280kPa

 標準性能を得るには結局規定値へ拘ることに間違いありません。でも空気圧により感触が随分異なることは理解したい。まぁ、私は実験的な意味合いも強く持っていますので。タイヤの違う側面を空気圧によって見出すことに拘った訳です。なお実験するのなら自己責任でお願いしますね。

 「ATR SPORT2」詳細

  
2014年9月13日