タイヤ情報。タイヤに関する最新情報等、独自の観点からお伝えします。     お気に入りに登録
160111.jpg 新たな構築を果たし引っ越しました。NEW「タイヤ情報」は2016年1月10日より http://www.clg-sv.com/blog/ で展開を開始しています。

「ATR SPORT2」 真夏の対応

 残暑厳しい。いつまで続くこの暑さ。本日も35度近くまで気温上昇、エアコン全開でも効かずクラクアラしています。路面温度は相当高い。この時「ATR SPORT2」への影響は如何。

14082201.jpg
16:30分の路面温度は約40度。少し下がった。

 何だろう? 全体的に硬い印象が強くなった気がします。ゴツゴツとした鈍い乗り心地です。トレッド面の磨耗はまだまだ大丈夫、ならサイドウォールを疑うか。当初から剛性不足は感じています。タイヤのよじれ、収縮に対する動きは鈍い。というか、これ暑さとの関係少ないのでは?

 路面温度上昇では、今一度トレッド面の磨耗を疑います。適正磨耗が進まず、偏磨耗や片減りが起きることも。これにより乗り心地が悪化、ハンドリングの違和感、そして静粛性へも影響することが。

 前後左右確認すると、前輪の磨耗が後輪より進んでいます。ショルダー付近の状態を比べるとはっきりと分かります。そろそろローテーションが必要ですね。これ多少影響しているか。正確にはローテーションの実施によって確認できます。

14082202.jpg
前輪。ショルダー付近の磨耗進む。

14082203.jpg
後輪。まだ十分だ。

 ローテーションにより改善が感じられるのなら、ある意味適正磨耗なのでは。FF車は当然前輪磨耗が進みます。実施で磨耗均一が図れるのなら、「ATR SPORT2」への評価はプラスになります。

 以前のインプレッションでも快適性の期待は大きくは無い。その受け入れがなされての今回です。価格への妥協と割り切れば納得の範囲ですが。それにしてもこの暑さはインプレッションさえも判断鈍らせます。まだまだ修行が足りませぬ。

 「ATR SPORT2」詳細

  
2014年8月22日