タイヤ情報。タイヤに関する最新情報等、独自の観点からお伝えします。     お気に入りに登録
160111.jpg 新たな構築を果たし引っ越しました。NEW「タイヤ情報」は2016年1月10日より http://www.clg-sv.com/blog/ で展開を開始しています。

乗り心地に変化が・・

 「ATR SPORT2」を再装着して1ヶ月、最近のインプレッションでも。プラス評価はこれまで伝えてきたリアルレポートで確認していただくとして、今回はややマイナスインプレッションについて敢えて触れておきましょう。

 乗り心地はスポーツタイヤの性格と、アジアンタイヤの価格を鑑みれば全く持って期待していません。しかし、本来スポーツタイヤでも拘りの乗り心地が存在すると考えています。カタイ中にも快適性が感じられると。サイド剛性とトレッド面双方の働きにより実現できるもの。アジアンタイヤにとっては実は非常に厳しい。

 アジアンタイヤのトレッド面は、パターンデザインという見た目の進歩は著しい。これによる効果は感じるところが多い。対して素材等の先進性に関してはメーカー主張に積極性が感じられません。せいぜいシリカ配合による・・程度かと。メジャータイヤはいまやナノレベル追求でのタイヤ素材が主流、素材効果は重大です。

 前置きはこれくらいにして「ATR SPORT2」の乗り心地へ。ここに来て非常に厳しい印象、経年著しいトレッドが一生懸命走りに耐えている、ゴリゴリ感、ゴツゴツ感とでも言い換えればわかりやすいだろうか。コーナーでの粘りつくような性能を持つ同じタイヤとは思えない・・

 街中での日常的な走行が私のインプレッション環境です。ここでは残念ながらゴリゴリ感、ゴツゴツ感、そして突き上げ感はとても大きい。当初から感じられたところながら、1シーズンが過ぎ体感は更に大きくなっているよう。

 少しフォローしておきます。これ直進での内容。コーナーではグリップ力が大きなアドバンテージとなります。当然Rの大小により差はあるものの概ね良好、快適性への不満はコーナーで解消できるかも。

 アジアンタイヤリアルレポート‐「ATR SPORT2」

  
2014年4月19日